近くて遠いものを食べる

近くて遠いものを食べる 気功整体士津原です。 知っている方も多いと思いますが、 【近くて遠いものを食べる】 近いもの。 それは場所が 近くて、 季節の物。 遠いもの。 それは人間から遺伝子が遠いもの。 ★ 本題に入る前に、 なぜこれを書こうと思ったのか。 実は14日土曜日。 ある方の講演会でした。 場所は青森県は津軽。 キリスト教の礼拝堂。 私の知り合いの主催者の方が 『急に三味線の方を講演会の前に頼んだ。 講演会、 礼拝堂に合わないという意見がある』 先に現実はどうだったかというと、 拍手が鳴りやまないほど 感動しました。 時間を戻して 主催者の方に私が伝えたこと。 津原 『津軽三味線はこの場所で生まれ、 伝わってきた。 どんな講演会 どんな場所でも 津軽でやる限り 絶対合うはずだ』 2曲 津軽十三湖 津軽じょんがら節 協会の礼拝堂で あまりにも素晴らしかった・・・ 自分も聞いたことがなかったのですが、 その土地が生んだものが 合わないわけがないと考えたのです。 あったこともない 二十代の若者でしたが、 すごい奏者でした。 ★ さて 近いもの。 地産地消というか、 その土地でとれるもの。 春は芽 夏は葉 秋は実 冬は根。 果物でも 夏にとれるものは体温を下げる。 冬、リンゴなどは 体温を上げる。 …

続きを読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

https://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━