多動症のお子さん、坐骨の問題の場合ユーチューブ

多動症のお子さんで こういうケースも多いです。 お尻の骨、(坐骨) の耐用時間が短くて すぐ立ち上がる。 椅子に座っていても足を組んだり 動き続ける。 多動症という診断が出てたりしますが、 単純に 【椅子に座るのが苦手】 なケースの場合です。 ビデオで語って見ました。 60多動症のお子さん、坐骨(八戸市気功整体あなん) 喪黒福造みたいな映像ですいません。 57番~60番 実は 60番の説明のために撮りました。 もしお子さんがこれかもしれない、 と思ったら ビデオ60番を見てから 前のビデオも見てから おいでください。 親子の脳、(付き添いはお母さんが多いですが) 準備OKの状態だと プログラムの書き換えの成功率が 格段にあがります。 ★ 1:00 運動の為に坐骨のプログラムがそうなっているかもしれないと言う説明 1:51 不便でない場合があって、その時はプログラム解除の時期ではない 2:00 脳の中にあるプログラム、地図に働きかけて書き換えている ので お尻の骨のズレを直せば椅子に長く座れるものではありません。 【気】 エネルギーの中に情報が入っているものを、 送り込んで書き換えています。 2:50 少年サッカーコーチを10数年。      子供受けが非常に良い(患者さんに言われます) お母さんに打ち明けていなかった話を、 突然して お母さんビックリ! 結構あります。 …

続きを読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

http://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━