スポーツマンアスリートの施術|気功整体あなん

スポーツマン、アスリートの施術

・痛みや可動域
・パワーの回復
・筋力他バランスの回復

が主です。

大人はもちろん、
小学生
中学生
高校生

やっております。

結構
春の大会前にやらせていただいた
青少年の
お父さん、お母さんから
お礼の言葉を頂いております。

『キレキレだったよ、息子』
みたいな
ことを聞くと
施術者冥利に尽きる
感じです。

アスリートの整体


痛み等で来た場合、
これはこれまで書いてきたもの
ですね。

アスリートの場合、
・可動域を増やす
・パワーアップ
・筋力のバランスの回復

などがあります。


【可動域を増やす】
体操系の方で
カラダが硬くなってきた。
開脚、
前屈などが
前のように出来ない・・・

アゴを抑えて
一気に可動域が増えたり
します。

アゴや、

ヒザ
などが
可動域を制限(ロック)していることがあります。

これを
キネシオロジーで探って
制限(ロック)を
解除すると
瞬時に
可動域が増えることが多いです。

【パワーアップ】
【筋力のバランスの回復】


本来の力を
復活させます。

モモとか、
上腕とか
各部の筋力もあります。

心臓や脳の
【気】
が乱れていると
身体の半分や4分の1が
スイッチオフ

なります。

この状態は
小学生でも起きていたりするので
同伴の
お父さん、お母さんが
驚いたりします。

ジャンプしてからの着地が
片側によったり、
バスケなどでは
両手でのパスが
遠距離になるとずれてくるなど
顕著に
現象がでます。

これも
【気】
の乱れを
解消すると
瞬時に
元々のパワーを
発揮
するようになります。


他にも
アゴの噛み合わせの変化で
肩が上手く
動かない、
切れ味が無くなっていたり。

仙骨(おしりの骨)
の傾きが大きくなると
どこかの筋肉が
スイッチオフ
になったりします。

例えば、
バレーのアタッカーが
ジャンプの前
前傾を20度以上すると
上半身の筋肉がオフになって
ジャンプ力が落ちた。

野球のピッチャーが
前傾を20度以上すると
上半身の筋肉がオフになって
ピッチングの最後の
切れが無くなっている・・・

色んなケースがあります。


アスリート、スポーツマンで
以前ほどの
切れ味が無い

感じている方は
おいでください。

お子さんが
プレーで
ターンがおかしい、
なんだか左右のバランスが
おかしい・・・


そんなことにお気づきの際は
ご相談ください。

いつもありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━
●気功整体あなん●
http://ananda358.com/kikou/ 新HPとブログ
http://ananda.nobody.jp/
〒031-0802 青森県八戸市小中野1丁目1ー27

スカイプLINEビデオで世界中の方
遠隔気功を行っています。
説明ページ
https://ananda358.com/kikou/absent-healing-k/

携帯090-6455-3580
固定0178-85-9288
(スマホは  タップで電話かかります)
━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

https://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━