医療システムから来る勘違いについて|気功整体

『長く話している時間を
施術時間に入れるのはおかしい』


言われることがあります。
(最近は無いですが、
私の対応が未熟な時、
言われておりました)

正直
施術で
結果を出した時ほど
言われやすかったです。

どこに行っても
治らなかった方。

痛みや関節の可動域などの
10年以上に及ぶ

長年の不具合を

はずした時に
 言われることが多いです。

(はずしただけで
治したと言えないのは、
この後症状が
ある程度戻るから・・・

戻る理由は
※ご参考
『痛みだけ取って欲しい」という言葉からお伝えしたいこと』
http://a-nanda358.seesaa.net/article/223819070.html

2~3時間
話してから
施術に入ることも多いです。

その時間は
・お互いを知りあう
・気を合わせる

大事な時間です。

気が合えば、
話しているだけで
症状が
消えて行くことも
よく起こります。


私のやり方ですと、

体のポイントから
気を入れる
動作で
症状を取っていくのも
重要ではあります。

話し合って
相手の方を知る

【聞くこと】


大きな比重を占めます。



なぜ?
『長く話している時間を
施術時間に入れるのはおかしい』
ということを
いわれるのか?


私なりに考えた結論は、
現在の

【医療システム】


誰もが
組み込まれているからです。

病院であれば、
一人の診察に
5分かければ
長い方ではないでしょうか?

整体、整骨の世界でも、
初めてあった人を
決まった手順で
施術していくことも
多いかと思います。

体型も
生き方も
症状の出た原因も
ちがう人達を

【病名】


パターンに押し込めて
施術していく。

それで
治った方は良いのですが、

治らない方も多い・・・


今の
医療システムは次々
数をこなしていく、
工場での生産のように
なってしまっています。

目の前の人
患者さんを
見ているヒマが無い。

これは
患者さんにはもちろん、

医療の現場の
ドクター
ナース
整体士
整骨の先生
鍼灸士など

誰も歓迎していない
状況になっています。

誰もが
忙しすぎるのではないでしょうか?



医療システムも

【経済】

のシステムに
組み込まれ
(飲み込まれ)
本来の、

【健康に生きる】
お手伝いをする。

これを
やっていくのに
支障が
出ていると考えています。


患者さんも

自分の体を

【部品】

のように考え、
簡単に

【不具合を修理していく】

考えになってしまっています。

例)熱が出れば解熱剤でおさえる

確かに熱はおさまって楽にはなります。
しかし
熱を発して
体の抵抗力を増そう
と言う流れを止める。
それによって
本来の自然治癒力を阻害し、
なんらかの症状を
長引かせてしまう。



長くなりました。

けして
現在の医療を批判したいわけでは
ありません。

誰もが、
相手の方を良くしたい
と言う
思いで
従事されているはずです。

ただ
忙しすぎる・・・

私のやり方は、
少し
毛色のちがう療法だと
ご理解頂ければ幸い、

思って書いています。

施術の時、

『津原さん、
話がくどいよ』

と言うご批判は
受け入れます。

が、

『津原さん
(施術、診療と)
関係ない話は
やめてください』


言うご批判には
一応の
ご説明を
させて頂きました。

初回の方は、
2時間ぐらい




気功整体あなんでは

かかるかも、
という
覚悟で
おいで頂ければ
幸いです。

いつもありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━
●気功整体あなん●
http://ananda358.com/kikou/ 新HPとブログ
http://ananda.nobody.jp/
〒031-0802 青森県八戸市小中野1丁目1ー27

携帯090-6455-3580
固定0178-85-9288
(スマホは  タップで電話かかります)
━━━━━━━━━━━━━━━━









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

https://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━