治らない人の潜在意識(見方道アドバイザー)|八戸カウンセリング

治らない、治りにくい人は、 痛みや症状があったほうが 便利な状態にあります。 潜在意識の中で、 病気やケガが便利な人。 治りません。 意味があって症状や ケガ事故は起こります。 (私はそう思っています) 治療にお見えになる方の 半分ぐらいは、 『治りたくない』 という考えを 根底に持っています。 一人キネシオロジー等で ご本人が、 治ろうとしていないなと、 事前に解っていても、 施術を行っています。 途中で変化することもありますから。 ☆ いくつか 例を。 例1)交通事故のむち打ち症でまだ保険が出ている この状態の時、 ムチ打ち症が 治ると お金が出なくなります。 こういった場合 お金の額等が確定しないと 患者さんご本人の 潜在意識は 『治りたくない』 治るほうが 不便だから、 痛みは 軽減できても なかなか 治りません。 例2)うつ症状が長い。障害者としてお金をもらっている。 私津原自身も 8年ほどのうつ症状の期間の中、 6年半目ぐらいのところで、 『変化したい、治りたい』 と 潜在意識から思ったようです。 この例でも、 キネシオロジー等を してみると 『治りたくない』 という反応が、 患者さんから 出ます。 色々な要因があります。 ・職場復帰(社会復帰)が怖い ・誰かにかまってほしい …

続きを読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

https://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━