痛み症状は必ず取らなくてはならないのか不利を有利に変える|気功

痛みや症状は 本当にすべて取る必要があるのか? 考えたことはあるでしょうか? ★ 不利を有利にする考え方。 ネガティブスマッシャー と言う考え方があります。 ウデの良い 整体等の施術者、 自分のカラダが悪い方が 結構多いです。 自分のカラダを良くするために 日々研究し、 時間やお金を使います。 必然的に ウデが上がり、 患者さんにとって 腕の良い施術家ということになります。 このウデの良い施術家にとって、 痛みや症状は 都合の悪いものなのでしょうか? 他にも 肌荒れしやすいエステシャン。 猫っ毛の美容師さん。 怪我に泣いたサッカー選手だったコーチ。 (ケガのケア等に詳しくなる) など たくさんこういうパターンはあるかもしれません。 ★ 私のような施術家は 日々、 痛み症状を取ってくださいと 言われる立場にあります。 例えば ヒザが痛い方。 ひょっとしたら、 慌て者で、 じっくりと考えてから 行動するように ヒザが痛いのかもしれません。 ヒザの痛みを取って、 元気いっぱい飛び回る。 慌て者のままで、 交差点を急いで渡ったら 車にぶつかった。 そんなことがあるかもしれません。 痛み症状を カラダからのメッセージ。 生き方への警告 と 捉えると 部品を修理するかのような 考え方は 違うのかもしれません。 いつもありがとうご…

続きを読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【気功整体あなん】

https://ananda358.com/kikou/

◆メニュー・料金ページ
◆アクセス・地図
◆お問い合わせメールフォームへ
(予約・予約以外での問い合わせもお気軽に)

携帯 090-6455-3580
固定 0178-85-9288
      (スマホは  叩いて直接電話かかります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━